電話番号:092-682-1818

〒813-0042
福岡県福岡市東区舞松原1-12-26
カーレント舞松原1F

あらかわ歯科・矯正歯科クリニック/福岡市東区

診療案内

HOME»  診療案内

一般歯科

虫歯の原因は歯垢(プラーク)の中に居る、ミュータンス菌などの細菌です。
ですから、歯垢が100%除去されていれば、虫歯には絶対なりません。
しかし、それは不可能な事です。
また、歯垢を除去するには、特殊な薬を付ければ化学的にとれてしまうというような物はありません。
機械的に除去するしかないのです。

その方法として、重要な役割を果たすのが毎日のブラッシング(歯ミガキ)です。
しかし、いくら頑張って歯ミガキをしても、100%歯垢をとる事はできません。
必ず残っています。
しかも残っている場所は磨けない場所ですから、同じ場所に歯垢がずっと残りっぱなしになっている訳です。
原因が残りっぱなしになっていれば、結果として時期が来ると病気が発生、つまり、虫歯になるのは当然の事と言えます。
自分で行う歯ミガキだけでは、虫歯を予防する事は不可能ですが、歯医者さんと協力してメンテナンス(管理)を実施していけば、虫歯を防ぐ事は可能です。
虫歯ができるのは単一の原因ではなく、口の中の細菌、糖類の摂取、歯の質や唾液の性質が複雑にからみ合って発生します。
しかし、直接虫歯を起こすのは歯垢(プラーク)の中の細菌です。

歯垢(プラーク)という言葉はみなさんも聞いた事があると思いますが、何となく、食べカス、磨き残しといったイメージではないのでしょうか?
そうではなく、歯垢とは、口の中のあらゆる細菌が、歯の表面に集団を作って棲みついている状態。
細菌の巣というか、いわゆる細菌バイオフィルムなのです。
イメージとしては細菌たちが歯の表面にテントを張って、自分たちの住み易い環境を作り、そこに居座ってどんどん繁殖していくという感じですね。

虫歯は、最初の段階では痛みなどの自覚症状もなく、見た目もわかりづらいため発見が遅くなります。
気をつけなくてはいけないのは、
冷たいものがしみる
食べ物がはさまりやすくなってきた
などといった、なんとなく自覚症状が出てきた時点から、急速に虫歯が進行してしまうという点です。
気のせいかな”と放置せず、お早めにご来院していただき、安心をお持ち帰りください。

矯正歯科

歯並びやかみ合わせが悪いことを不正咬合といいます。

不正咬合があると口元の形が良くないばかりでなく、歯の働きが妨げられたり、歯の清掃が十分にできなくなって、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。

矯正歯科治療はこの不正咬合を治し、虫歯や歯周病になるのを防ぎ、発音を明瞭にするとともに食物をよくかめるようにして健康を一段と増進させようとする治療なのです。

矯正歯科について詳しくはこちらへ

小児歯科

子どもは心身ともに成長期にあります。

すくすくと成長するこの時期になくてはならない子供の歯の大切さはもちろんのこと、乳歯は永久歯の生みの母とも言われるように、じょうぶな乳歯を育てることが、健全な永久歯の育成へとつながるのです。

乳歯が生えたときには、すでにあごの中では永久歯も育ちはじめています。

子供の時に痛い経験や不快な経験をされた子供は、それ以後、歯医者をいやなものと感じるでしょう。

そのようなことがないよう小児歯科は、お口の管理だけでなく、心のケアも十分に対応させて頂いております。

歯周病

歯を失う原因の第一位は歯周病です。

歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行していき、歯ぐきの炎症を起こし歯の周りの骨を溶かし、やがては歯が抜けてしまう怖い病気です。

最近では心臓病、糖尿病との関連が問題視されています。

歯周病は数種類の細菌が関与した細菌感染症で、プラーク(歯垢)が溜まることで、歯周病の進行を招きます。

細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成します。

いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きでは除去出来ません。

インプラント

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。

審美歯科

従来、虫歯を治した後の詰めものやかぶせものは、銀歯になってしまうのが常識でした。

前歯は保険でも白いかぶせができましたが、白い部分がプラスチックの為に経年変化で黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうことが多く、とても見苦しいものでした。

最近では前歯はもちろん奥歯にも白い詰めものやかぶせを求める方が増えてきています。

当クリニックではそのような患者様の要望にお答えするために審美歯科治療にも力を入れて取り組んでおります。

金属を使わない治療もできますのでアレルギーの心配も少なくなります。

どうぞ御相談ください。

マウスガード

格闘技、ラグビー、サッカーなどコンタクトスポーツを行う場合は歯による外傷は少なくありません。
それらのスポーツをする場合、スポーツマウスガードを使用することで、歯による外傷をかなり予防することができます。

マウスガードの効果

スポーツ時に、歯が破折したり、脱臼したり、あごの骨を骨折したり、舌、口唇、頬粘膜などの軟組織の損傷を防ぎます。また、脳しんとうの予防にもなります。

マウスガードの定期チェック

多くのスポーツ選手は、パワーを出すために歯を食いしばります。
マウスガード装着時の食いしばりは、マウスガードをすり減らしてしまいます。
マウスガードは少なくとも1年に1回はすり減りや破損をチェックしてもらい、いたんだものは作りかえることをおすすめします。
また成長期のお子さんは、かならず2~3か月に一度はチェックを受けましょう。

Page Top